月別アーカイブ: 2014年5月

チェビオットのウール

_P1B1851チェビオットのウール。
撚りがとても強い。
経糸に使いテンションをあまりかけないで織るととても風合いの良い布になる。
しかし非常に織りにくい。
テンションを強くすればする程、織りやすくはなるが風合いは普通の服地へと近づく。
僕達の織布は機械ではできない手織りの布。

 

「小さな展示会」始まりました。

_00A1765「小さな展示会」、始まりました。
明日の18日(日)まで。
今回是非ご覧頂きたいのは、チェビオットのウールで織ったショール各種。
野依が言うには「自分でも今までに一番良い織り」とぞっこん興奮ぎみ。
正直僕が見ても本当に素晴らしいです。
少々固めの撚りの強いウール。
本音はとても扱いにくい糸。
織り上げて縮絨をして乾燥すると、軽く柔らかい肌触りへと変貌。
強い撚りでその表情が素敵です。

 

パラソルを広げて

_00A1648昨日は雨。

今日は明るい薄曇り。

「小さな展示会」を今週の土日に控え、午前中から機織り仕事。

休んでばかりでは車でも錆ついてします。

たまにはエンジンをかけてやらなければ。。。。

 

新緑が奇麗

tentenhouse の北側に小さな雜木林がある。

その向こうに川が流れ、堰を落ちる水の音が聞こえて来る。

その事が此処を借りる決めてとなった。

その雜木林は今新緑が奇麗です。

_00A1414

カロライナジャスミン

_00A1216

カロライナジャスミン

駐車場の所のプリペットに寄り添うように咲いているカロライナジャスミン。

根付くまでは花の数もそう多くは無かったが今年は沢山の花を付けてくれた。

僕は黄色が好きなので嬉しい。

もうじき黄色のモッコウバラも咲きそうだ。