月別アーカイブ: 2013年7月

藍染めの織布

_DSF1957

藍染めの織布。

経も緯も藍染めの糸を使った織布。

僕たちにとっては贅沢な織布。

藍染めは、かせになっている生成りの糸を紺屋さんへ染めに出す。

何か月も待って届いた糸は光っている。

エキナセア

_DSF1863

ターシャ・テューダーの庭には程遠いが、

僕たちの庭にも毎年沢山の花達が増えている。

自分たちが安らげる様に花を植え木を植える。

増えるものや毎年咲く花がいい。

夏の木陰も有り難い。

入口から望む

_DSF1853

入口から望む。

5年前とはかなり木や草花が茂り、様子もがらりと変わった。

暫く振りでやって来られるお客さんは、その変わり様に驚く。

また今度はどんな風に変わって行くのか僕たちにも分からない。

いくら計画しても、その土地に合ったものしか育たない。

3ヶ所植えた花が同じ様には育たない。

当たり前か。

勉強になります。

取り付けた巣箱

_DSF1820

プラムの木に巣箱を取り付けた。

真っ直ぐに直立している木だと、高い所の苦手な僕では無理なので、プラムの木の地面から2メートル弱の所へ取り付けた。

なんだか巣箱に申し訳ないけど。

鳥さんにも申し訳ないけど、ゴメンナサイ。

巣箱

_DSF1797

巣箱

知人が作ってくれた沢山の巣箱。

工房の北側に小さな森がある。

毎日いろんな鳥がやって来る。

巣箱があったらいいだろーなー、と思っていたら巣箱がやって来た。

 

 

 

エキナセア

_DSF1444

色々な花が咲き始めている。

ルドベキアと良く似ているが、これはエキナセア。

花の名前は間違いやすいね。

僕なんかは、野依がいなきゃチンプンカンプン。

野依のお陰でかなり覚えたけど、まだまだ。

自慢じゃないけど覚えたはずの花の名前をすぐに忘れるんだから。

 

ベルガモット

_DSF1451

冬の間は春が来るのが待ち遠しく思うものだ。

やっと寒い冬が終わり、待ち望んだ春が来たと思ったらもう直き梅雨が開けて暑い夏がやって来る。

なにもなかった庭にも沢山の花が順番に咲く。

久しぶりにやって来られるお客様は、庭の変わり具合と木の大きさに驚かれる。

「いいですねー」と言われる言葉に励まされ嬉しく思う。