月別アーカイブ: 2013年5月

パッチワーク畑

DSCF1222

野依先生の小さな畑です。

身体に合った小さな畑。

本人はとても気に入っているようです。

毎朝、丹精込めて水やりと見回りを欠かしません。

帰りにはエプロンの中に朝の食材を抱えて戻ります。

八百屋さんが近くにあるのは便利です。

 

パッチワーク畑

DSCF1222

野依先生の小さな畑です。

身体に合った小さな畑。

本人はとても気に入っているようです。

毎朝、丹精込めて水やりと見回りを欠かしません。

帰りにはエプロンの中に朝の食材を抱えて戻ります。

八百屋さんが近くにあるのは便利です。

 

ツクバネウツギ

DSCF4461

ツクバネウツギ。

ウツギにも沢山の種類があるものだ。

淡い黄色のものがキバナウツギで、

濃い黄色のものがウコンウツギなのだそうだ。

もうこれくらいで僕には訳が分からなくなって来るのだが、庭に咲く花位は覚えておこうとカメラを持ち出し毎日季節の花を記録している。

 

初めはこの花、キバナウツギだと思っていたのだが、どうも葉の筋が違うのを発見。

図鑑をめくって発見した。

これはツクバネウツギだと言う事を。

野依の新作織布

DSCF4226

野依の新作織布

縦も緯も撚りが強い棉の糸。
それだけに表情があって面白い布になったと思う。

 

 

 

DSCF4234

写真では良く分からないが経にグレー。
緯に緑。
所どころに緑の縞をいれました。

 

 

 

 

DSCF4237

緯も撚りが強いので、水通し後の縮み具合もかなりだ。
乾燥すると写真のように布が凸凹になって乾燥する。
ここでアイロンをかけて仕上げてしまってはその風合いは台無しとなる。

今日84さんへ郵送しました。
どうぞ手に取ってご覧いただけると嬉しいです。

 

 


 

 

 

tenten house 近景

DSCF1107

tenten house 近景。

高宮へ移転してから5年目になる。

20年放置状態の牧草地だった土地を借受、土日の度にテント持参で草刈りをして開墾。

決めた大きな要因は、北側の森とこの場所が小高い丘になっている事の2点。

初めに井戸の場所を決めた。

次に家の場所。

それでも草刈りは続いてやった。

野依の野草の花畑は毎年納まりよく広がっている。

僕の果樹園も順調にその種類が増えています。

ラナンキュラスゴールドコイン

DSCF3884

ラナンキュラスゴールドコイン。

単純な僕は名前が良いと思った。

黄色は人を明るくするし、ゴールドのコインは持った事がないので、持って見たいとも思う。

その願望は財布を豊にするような気分。

今、庭はラナンキュラスゴールドコインの花盛り。

ラナンキュラスも、ゴールドコインも名前を分けてしまうと違う花の名称になってします。

この花は、長い名前だけと「ラナンキュラスゴールドコイン」

イチゴの花

DSCF4106

イチゴの花が咲き始めた。

今年はキチンと可愛がってやらなければ。

草もとります。

敷きわらもちゃんと敷きます。

だって本当に美味しいイチゴなんです。

路地育ちのイチゴは中まで赤いのです。

 

2種類を植えているので、境目が分からなくなっている。

今年は、片方を移動する予定。

勿論美味しいイチゴを食べてから。

頂いた果実の木

DSCF1096頂いた果実の木

お客様から4本の鉢植えの果実の木を頂いた。

リンゴ2本、梨1本、イチジク1本。

どれも僕たちの大好きな果物。

早速庭へ置いて見た。

全体のバランスを考えながら。

リンゴはリンゴの近くへ。

梨は梨の近くへ取りあえず置いて見た。

暫く置いてみて、これで良しとなったら地植えをする。

ウワミズザクラ

 

DSCF3490

ウワミズザクラ。

上溝桜。

tenten house のシンボルツリーの一つです。

撮影するのに丁度良い様に垂れ下がった枝。

tenten house には2本あるのだが、もう1本は幹は細いけど花は高い所にあるので撮影は出来ない。

写真のウワミズザクラは駐車場から車の入れる小さな道を20メートル程入った所にある。

道の上に枝が垂れ下がり、その下を車が通る。

気持ちの良い所だ。