月別アーカイブ: 2013年2月

クロッカスが咲き始めた

DSCF0559クロッカスが咲き始めた。

毎年春が来るのが待ち遠しいこの頃。

嬉しい事に春はそこまで確実に来ている。

庭を歩けば蕗の薹や水仙が芽を出し、樹々は蕾みを膨らませて咲く時期を伺っている。

毎朝のスージーの散歩で変わらぬ景色、でも足下には確かに変化がおきている。

僕たちには見えないけど、土の下ではもうすでに活動が始まっている。

小さな森

DSCF0296

工房の北側は小さな森になっている。

わりと急な斜面の向こうには川が流れ絶え間なく流れる音が聞こえて来る。

寒い冬には寒そうに聞こえ、暖かい夏には涼しそうに聞こえて来る。

こんなに近くに見える川なのだが傍まで行った事は無い。

 

薄らと霜の朝

DSCF0262

薄らと霜の朝

まだまだ寒い朝です。

カーテンを開けると外は真っ白け、外気温度はマイナス5度。

スージーの散歩の庭の外周も固い霜柱で滑りそう。

こんな日は決まって青空のいい天気。

工房の道

DSCF0070

毎朝の愛犬スージーの散歩。

外には出ずに、工房の庭の外周を数回廻るだけで我慢してもらっている。

スージーには申し訳ないとは思いながら。

でも今日は比較的暖かだったので、道路も凍ってはいないだろうけど外に出ずに工房の外周コースの省略型。

最近の朝の散歩は我が家の庭ともいえど、カメラを首から下げての散歩です。

だから工房の写真が多くなるかもね。

蕗の薹

DSCF1261

蕗の薹

だいぶ前から芽を出していた蕗の薹。

このなんとも言えない苦みは身体に凄く良いように思う。

この季節になると食卓に無くては寂しいからだ。

今朝はみそ汁に入れて楽しんだ。

ほおずき

ほおずき<br /><br />
庭の掃除をしていて見つけました。

庭の掃除をしていて見つけた「ほおずき」。

なんだか愛らしさを感じて写真に残す事にしました。

コピー用紙の後ろの方を少し高くして、手前にほおずきをのせます。

カメラの露出は単体の露出計で計るのが一番ですが、無い場合はカメラのオートでオーバー目の露出を1段から2段くらいに数枚撮影します。

そして、その中から良いものを選びます。

カメラは白でも黒でも撮影すると、グレーになります。

だから、白を白く写すにはオーバー目に。

黒を黒く写すにはアンダー目にします。

この写真はもう少しオーバー目に写した方が良かったですね。