カテゴリー別アーカイブ: 機織り

筬通し

今日の機仕事は筬通し。

出来上がるショールの風合いや重さ、お客様の好み、使用する季節などを考えながら使用する筬を決める。

お客様の希望は熱くない時以外は一年中使いたいとの希望。

だから夏は涼しく、軽くてしかも冬は暖かいものにする計画。

使用する筬は50羽に決める。

(50羽とは、1センチに5つの隙間があいている。)

櫛の様な隙間へ今回は経糸1本づつ入れて行く。

完成するショールの巾は50センチだから、縮絨と言う最後のお湯で仕上げる作業がなければ、50☓5=250本なのだが、縮率を計算して320本を使う。

追伸:野依は iPad で毎日「赤毛のアン」を見ているんじゃなくて、聞いています。

 

100s9040

今日の機織作業

今日の機織作業

機の上では長さ241センチを2枚織ります。

織り上がると、機から下ろして縮絨をすると、188センチが2枚仕上がります。

2枚を繋げて巾の広いショールに仕上げます。

繋げる時に一工夫あって、袖を通す穴を2つ開けて縫い合わせます。

これは東京からのオーダーです。

お待たせしておりますが、もう少しお待ち下さいね。

緑の大判ショール

緑の大判ショール

ランチョンマット

この写真は、昨日のopen day にお越しいただいた「さしもの かぐたかはし」さんの工房写真です。
お買い求め頂いた 手織り布のマットを 早速 お使い下さってます。

清々しく、確かな 「さしものかぐたかはし」さんの仕事と、同席させていただき 嬉しいかぎりです。
ありがとうございます。励みになります。

11847326_955898077802972_1974952337_o

 

筬通し

筬(おさ)通し。

普通は筬の間に2本の縦糸を通します。

完成するには、縮絨や乾燥、アイロンがけなどをしますので、収縮率を計算して機に掛けます。

巾:60センチ

縦糸:600本

羽数:50羽。細いウールですが、柔らかく仕上げる為に、羽数は大きめ。

_P1B6462

 

 

大管に巻いた縦糸

大管に巻いた縦糸。

これから大管立てにたてて、整経して行く。

今回は短く、一周が4メートルの整経を大管8本で38回。

縦糸304本。

機織りも例に漏れず算数が必須。

これに収縮率、伸び率他が加わる。

人によってもこの算数は違ってくる。

 

_P1B5047

少しづつ縮絨作業

少しづつ縮絨作業をする。
ウールは縮絨でその織布が大きく化ける。
材料がどんなに良くても、、、。
縮絨のやり方が悪く台無しにした事も昔は随分とやって来た。
これは体で覚えるしか方法はない。
そしてこれが僕達のやり方。

XP1B4556

機織り中

新しい機で織っています。

まだ慣れていないのでスピードは控えめ。

慣らし運転と言った所でしょうか。

もっとも、ウールなので緯糸を叩かず同じ間隔になるように、どちらかと言うとスカスカ。

ウールは縮絨が命。

新しい機で、テンション具合と、緯糸の間隔を1本1本確かめながら織るので、その背中に緊張の具合が出ていますね。

_00A2095

 

新しい機織り機

新しい機織り機の組み立てが完了した。

主に野依が使う事になりそうだが、時には僕も使う。

この機には背丈の違う二人が気持ち良く使う工夫がされている。

踏木の高さが変えられるのだ。

何れにしてもこの機にボチボチ慣れる事を楽しみたいと思う。

_E1A6872

機織り中

DSCF1612

機織り中

野依の機上。

普段あまり織る事のない赤系。

ニンジン色から赤系の織りが増えている。

丈夫なワークウエアーとしての織布が多いので汚れの目立たない色が多かった。

軽く首に巻く織布は明るい色も良い物だ。

 

チョッピリお気に入りの布

チョッピリお気に入りの布。そんなに雰囲気のある糸ではないけど、機の上で緯を入れる時に水平に緯を入れて行くと普通の布。

これは秘密だけど、角度をつけて入れて、入れたと同時に足を踏み替えて打ち込む。

こうする事でお気に入りの布は出来て行く。

糸の種類は沢山はストックしないのが僕流。

織り方もプレーンなものが好きだ。

新作クロス

新作クロス。仮説をたてて織り始める事だってあっていい。いつも使っている糸で。ほんの少し杼の飛ばし方を変えたり、打ち込みのやり方を変えたりするだけで織り上がる布が違ってくる。