カテゴリー別アーカイブ: 植物

アケビ

愛犬(スージー)の散歩コースの木の上に大きなアケビ。

初めの頃は色白だったアケビの表面もだんだん色濃いい茶色になって来た。

中のゼリーは白いまま。

表面の茶色の所は天ぷらにして食べれるらしい。

今月のオープンデー

今月のオープンデーは4月10日(金)と12日(日)の2日です。

tentenhouse には沢山の花が咲いています。

梅、桜、桃、プラム、ムスカリ、水仙、日本スミレ、ハナニラ、カキドウシ、ホトケノザ、トサミズキ、イチリンソウ、コンロンソウ、などなど。

どうぞ気楽にお越し下さい。

お弁当持参も大歓迎です。

_P1B5628

今日の風景(2014.09.06)

ワレモコウやオミナエシも見かけるようになりましたね。

tentenhouse の庭にも萩の花が可愛く咲いています。

毎年短く切っていますが、この時期になると元気に花を咲かせます。

今年の冬には半分ほど株分けして違う所へも移植する予定です。

季節の花を楽しむのは幸せな事です。

_P1B3029

 

 

 

またまたアサガオ

どうも気になるアサガオ。

朝起きたらすぐに窓を開けてアサガオの咲き具合を見る。

奇麗に咲いていたら、カメラを持ってすぐに参上。

毎朝僕達を楽しませてくれるとはいえ奇麗に咲いている時間が短いからだ。

太陽が照る前の光が回っている時が良い。

_P1B2936

 

沢山のアサガオ

朝起きたら沢山のアサガオが咲いていた。

嬉しくなって一番良いカメラで写した。

清々しい花の後には沢山の種が出来る。

それを来年も蒔く。

もう花の色ごとに分ける事はしない。

種はごちゃまぜに保存して、蒔く時もごちゃまぜに蒔く。

これを数年繰り返すと多分花の色は同じになるのだろうな。

_P1B2765

 

立秋が過ぎて萩の花が気になるようになってきました。

毎年増え過ぎた萩の株分けをしたいと思いつつ。

今年の冬にはしたいな。

とても元気の良い花なので短めに剪定してあっても1シーズンで1m50cm位にはなる。

狭い所に植えると繁茂して窮屈になる。

だから今年は広い所へ半分株分け。

_P1B2751

 

ムクゲ

tentenhouse にあるのは薄ピンクの八重のムクゲ。

白の一重のムクゲも今度園芸店で見かけたら欲しいと思っている。

毎日毎日沢山の花をつけて、一日でその花は落ちてしまう。

沢山の花を毎日見れる事は嬉しい事です。

_P1B2705

メドセージ

良い香りのするメドセージが咲き始めました。

秋口まで長く咲き続けます。

背丈は1メートルを超えます。

ひょろっとした今にも倒れそうな花ですが意外と強いですよ。

強風にも倒れる事なく立っています。

_P1B2658

シャボンソウ

緑の葉とうすピンクの花。

どうしてこんな名前が付いたのだろう。

石けんがまだ無い頃、緑の葉を水に浸すと石けんのように泡立つのだそうです。

また、葉や根を煎じたものは良く泡立ち、石けんの代わりに使われた。

とあります。

実際にやってみましたよ。

_P1B2638

 

センダンの花

センダンの花
この木も成長がとても早い。
しかもとても大きくなる。
植える所を充分計画しないといけない。
tentenhouse でも今一番大きな木に成長している。
これからまだまだ成長を続けるのだから「メインツリー」の名にふさわしい。
その花は、その木にふさわしいのだろうかと疑問に思える程小さい。
その木に咲く花は1センチ位の小さな花なのだから。
花だけ見ると決してその木の大きさは想像できないだろう。
tentenhouse には南側の正面にどっしりと大きく根付いている。


人気のハウス3点、鍋つかみ3点、マフラー他9点。の合計15点。まだまだ少ないね。。。。
昨日1点旅立った。
https://tentenhouse.stores.jp

_P1B2311

ジューンベリー

ジューンベリー
成長もとても早く、実も沢山つける。
鳥達も沢山やってきます。
熟すと中の種も柔らかくなってそのままでも平気です。
1つづつでは面倒なので7個位いっぺんに口の中へ投げ込みます。
今年は沢山実ったので鳥達と競争。


人気のハウス4点、鍋つかみ3点、マフラー他9点。の合計16点。まだまだ少ないね。。。。
https://tentenhouse.stores.jp

_P1B2290

クリスマスローズ

クリスマスローズと言う名前の由来は少々ややこしい。

本当は「ヘレボルス・ニゲル」と言う種類だけを言うらしく、その英名が「クリスマスローズ」。つまりヘレボルス属のニゲル種だけを「クリスマスローズ」と言うらしいです。

日本のようにクリスマスローズをヘレボルス属全体の事を言う事はないらしいです。日本では主に「レンテン・ローズ」や「ヘレボルス・オリエンタル」などが有名。

と言う事で、我が家のも?????。

 

_P1B0700

 

ミツマタのつぼみ

春の訪れを待ち構えたように3月〜4月頃に黄色い花を沢山つける。

つぼみも花と間違える程奇麗だ。

高宮に移転する前に住んでいた向原ではミツマタの群生地とカタクリの群生地があってその頃にはとても賑やかだったのを思い出す。

赤い花のアカバナミツマタと言うのもあるようだが我が家のはキバナです。

_P1B0528

毎日気になるスノードロップ

今朝少しの雪が降った。

庭のスノーとロップはどうなったのか。

雪に埋もれて姿は見えずか。

とにかく庭へ急ぐ。

案の定姿見えず。

スージーの散歩からもどり、しばらく雪の解け具合を見る。

姿を見せて来たが、花は雪の重みで背を丸く頭を垂れている。

絵にならないなーと思いながらも写しておく事にする。

_P1B0415

啓翁桜(けいおうざくら)

啓翁桜。

昭和5年に久留米で誕生した、まだまだ日の浅い桜。

枝を切っても弱る事はなくすくすくと育つのだそうです。

縁起の良い桜として毎年正月に頂き、花の無い時期を楽しませてもらっています。

挿し木で増えるそうなので今年は挿し木にして見ようと思います。

_P1B0252

ラナンキュラスゴールドコイン

DSCF3884

ラナンキュラスゴールドコイン。

単純な僕は名前が良いと思った。

黄色は人を明るくするし、ゴールドのコインは持った事がないので、持って見たいとも思う。

その願望は財布を豊にするような気分。

今、庭はラナンキュラスゴールドコインの花盛り。

ラナンキュラスも、ゴールドコインも名前を分けてしまうと違う花の名称になってします。

この花は、長い名前だけと「ラナンキュラスゴールドコイン」