カテゴリー別アーカイブ:

チェビオットのウール

_P1B1851チェビオットのウール。
撚りがとても強い。
経糸に使いテンションをあまりかけないで織るととても風合いの良い布になる。
しかし非常に織りにくい。
テンションを強くすればする程、織りやすくはなるが風合いは普通の服地へと近づく。
僕達の織布は機械ではできない手織りの布。

 

ウールは魔法

ウールのショールを縮絨をして仕上げ。

そして納品。

織る時には、織り上がった縮絨後を思い描きながら織る。

思い通りに仕上がったのを見ながらの仕上げ作業はワクワク。

下の写真(12月18日)がこうなるのだからウールは魔法。

_PRX9958

新作クロス

新作クロス。仮説をたてて織り始める事だってあっていい。いつも使っている糸で。ほんの少し杼の飛ばし方を変えたり、打ち込みのやり方を変えたりするだけで織り上がる布が違ってくる。