作成者別アーカイブ: toyu

toyu について

唐悠(トーユー)   toyu*tentenhouse.com [*=@]   blog  暮らしが基本。  衣食住をととのえ小さく暮らす。

フランスの木靴

 

ANCHORETさんからお預かりして販売させて頂いているフランス物です。
靴の底の部分は木。靴の甲の部分は皮で出来ています。

ムクゲ

世の中、三連休の最終日。
「サンデー毎日」の私たちの上を大きな雲がゆったりと動いて行きます。
森からの冷たい風を体で感じながら。

La Fete des voisins

tentenhouse 始まって以来の沢山のお客様のご来場をありがとうございました。
園内に駐車していただきましたが、それでも入りきらず農道に駐車していただきました。
駐車禁止ではない農道と言えどもさぞご心配だったことでしょう。
園内にはレジャーシートや椅子を持参いただいたお客様もおられ嬉しかったです。
ありがとうございました。

もうすぐ春。

もうすぐ春がやって来る。

季節の中では春が一番好き。

高宮に工房を移してからその気持ちは増幅。

ここでは季節の移り変わりを体で感じる。

目で見て、口で体で感じる。

もうすぐ花が咲き始める。

100S9452

雪のオープンデー

今日はオープンデーです。
雪の tentenhoouse を見て見たいと言うお客様は大歓迎です。
ですが雪道に慣れていないお客様は十分お気をつけてお越し下さい。

現在積雪10センチ。
道路には雪があります。
車はスタットレスをはいた車と四駆の車は走っていますよ。

100S9411

11月13日(日)オープン日

11月13日(日)オープン日。

とてもいい天気です。

清々しい空気と紅葉を見にお出かけ下さい。

レジャーシートの上でポカポカの太陽を浴びながらお弁当を食べるのもいいですね。

なにもない原っぱですが、自由にお過ごし下さいね。

近くには「たかみや湯の森」と言う温泉もありますよ。

外の茶屋では、今日は野菜料理のバイキングランチです。

xe1a8554

 

11月10日(木)わだちそう

11月10日(木)のオープンデーはわだち草さん出店です。

お店にはない tentenhouse だけの特別メニューです。

今、わだち草オーナーの原田さんが考え中です。

しかも一日だけの特別メニュー。

空気の綺麗な tentenhouse で食べるうどんはスペシャルですぞ。

(写真はイメージです。)

 

※ 11月8日の追加情報です。
かけうどんになりそうですね。ベジタリアンも大丈夫。予約承ります。

wadachisou

拾い物のカボチャ

庭掃除をしていて見つけたカボチャ。

おそらくこれが最後のカボチャ。

カボチャは比較的簡単に育つので、意外に粗末に扱われる事が多い。

畑でも放ったらかし。

(本当は粗末にしてはいけないと思っている。)

それでも、アチコチと実ってくれる。

食べられる物は僕達にとって有難い。

xe1a8518

 

青い空と工房

雲一つない青空。
木々も少しづつ色づき始めた高宮ですが、皆さんの所はいかがでしょうか。
今朝の外気温度は4度。
室内は18度。
薪ストーブはまだ焚いていませんが、アラジンのストーブは朝に少しだけ付けています。
いまの所、これだけで充分の暖かさです。
青い炎を見ていると和みますね。

xe1a8463

注文の発送

注文のショールを送る準備。
送り先は東京。
tentenhouse に来られた時に実際に糸を見て、ショールの見本などを見て充分にお話をさせて頂いての注文だった。
なんとか寒い冬に間に合って良かった。
本日発送致します。

わだち草出店間近

11月10日(木)のオープンデーはわだち草さん出店です。

お店にはない tentenhouse だけの特別メニューです。

今、わだち草オーナーの原田さんが考え中です。

しかも一日だけの特別メニュー。

空気の綺麗な tentenhouse で食べるうどんはスペシャルですぞ。

(写真はイメージです。)

wadachisou

 

わだち草さん開店

11月10日(木)のオープンデーは、

わだち草さんの開店です。

お店では食べられない、tentenhouse だけの特別メニューです。

今、わだち草さんのオーナーの原田さんが、考え中ですよ。

お楽しみに。。。

(下の写真では、11月17日になっていますが、10日が正しいです。)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-10-02-46

小さな畑の大きな実り

植えなきゃ生えないし実らないよね。

小さな畑だけど、野菜ができると本当に嬉しい。

毎朝、畑のご機嫌を伺いに行くんだけど、色んな事を教えてくれる。

野菜だから、人間の助けを必要としているだと思うね。

100s9045 100s9048

 

筬通し

今日の機仕事は筬通し。

出来上がるショールの風合いや重さ、お客様の好み、使用する季節などを考えながら使用する筬を決める。

お客様の希望は熱くない時以外は一年中使いたいとの希望。

だから夏は涼しく、軽くてしかも冬は暖かいものにする計画。

使用する筬は50羽に決める。

(50羽とは、1センチに5つの隙間があいている。)

櫛の様な隙間へ今回は経糸1本づつ入れて行く。

完成するショールの巾は50センチだから、縮絨と言う最後のお湯で仕上げる作業がなければ、50☓5=250本なのだが、縮率を計算して320本を使う。

追伸:野依は iPad で毎日「赤毛のアン」を見ているんじゃなくて、聞いています。

 

100s9040

測り糸

織り始める時に必ず必要な物に測り糸と言うのがあります。

これは、完成した時の寸法に縮率を掛けた長さが測り糸の長さになります。

今回のは、ウールで柔らかめに織ります。

織り手によっても縮率は違ってきます。

今回の商品寸法は長さ188センチ。

縮率は1.28。

つまり測り糸の長さは241センチで、53センチも余分に織ることになります。

織り上げると機から下ろして、縮絨をして188センチのショールが出来上がります。

だから、測り糸は完成する長さを決める大切な糸なんです。

測り糸

測り糸

今日の機織作業

今日の機織作業

機の上では長さ241センチを2枚織ります。

織り上がると、機から下ろして縮絨をすると、188センチが2枚仕上がります。

2枚を繋げて巾の広いショールに仕上げます。

繋げる時に一工夫あって、袖を通す穴を2つ開けて縫い合わせます。

これは東京からのオーダーです。

お待たせしておりますが、もう少しお待ち下さいね。

緑の大判ショール

緑の大判ショール

ストール受注会、ありがとうございました。

9月25日(日)、26日(月)の二日間開催のストール受注会、沢山のお客様にご来店頂きまして本当にありがとうございました。
ご注文頂きましたストールは出来るだけ早い時期にお手元にお届け出来るように早速段取りを始めます。
おおよその予定は11月中を予定しております。
それまで今暫くお待ち頂きますようにお願い致します。

ヨウシュヤマゴボウ

毎年の様に我が家(工房)の庭には沢山のヨウシュヤマゴボウがなる。

例年は邪魔者のように草刈りの時に切ってしまうのだが、今年は可能な限り成長を見守る事にしようと思う。

まだ若い実なので紫色にはなっていないけど、成長も早いので直に紫の実を沢山付けてくれると思う。

その時には、ご入用の方に分けて差し上げるつもりでいる。

100S8109

新しい小路

工房の庭に新しい小路を作った。

作ったと言っても、草刈機でクネクネとカーブを付けて草を刈っただけの簡単なもの。

小路に添って、野依の管理する庭から貰った草の様な花(僕には花の名前は皆目見当もつかない)を所々に植えた。

もう直ぐしたら紫の花が咲くと言う。

XP2A4450

ANCHORETさんのフランス土鍋

ANCHORETさんのフランス土鍋。
7月10日(日)のオープンハウスでANCHORETさんの沢山のフランスからの新らしい雑貨(籠、布、器、他)をご覧頂けます。
ANCHORETさんのオーナーの平山さんも来られます。
それから、niwa*niwa* cafe さんの「お庭でランチ」メニュー。
(晴れたら CAFE はお庭を予定しています。)
フランスから沢山の物が入荷するのか、「お庭でランチ」のメニューはどんな物になるのか、とても楽しみです。

フランスのアンティークのボトル。

フランスのアンティークのボトル。
ANCHORETさんがフランスから仕入れた物です。
tentenhouse で販売しています。
なんとも言えないガラスの表面。
現代の大規模ガラス工場では決してできない、吹きガラスの味。
見ていると癒やされます。

7月10日(日)のオープンハウスは

7月10日(日)のオープンハウスは、

aiwa*niwa* cafe さん。

ANCHORET さん。

tentenhouse のオーダー会です。

aiwa*niwa cafe さんはいつもは工房の中のお店ですが、晴れたらお庭cafe です。

いつもと感じが違うガーデンカフェです。

どんなメニューになるのか楽しみです。

ANCHORET さんはフランスから仕入れた新しい雑貨を沢山持って来て頂く予定です。

tentenhouse はいつものオーダー会。

貴方にピッタシのショールやマフラーのご注文をお待ち致しております。

XP2A4116

今日の仕事は綜絖通し

今日の仕事は綜絖通し。

朱色の色違いの経糸を4本づつ綜絖へ。

綜絖へは1本づつ1.3.2.4と順番に入れて行く。

平織りなので足を踏むと1と2が下へ、3と4が上へ上がる。

もう片方の足を踏むと上下の糸が入れ替わる。

この方法は原始の昔から世界共通のやり方だと言う。

XP2A4076

何処に植えよか、アナベル

アジサイのアナベルを買って来た。

西洋ニンジンボクを移植したので、空いた所が寂しくなった。

手前に大きな木があると視界が遮られるとの移植。

その跡地にアナベルと考えた。

人間の都合で度々移植するのも可哀想なので、鉢を置いて暫く考える事にした。

_P2A4065

6月10日はオープンデー

ベランダの屋根を少し伸ばしました。
雨の多い時期ですが、これで雨が振り込まなくて快適。
ベランダでゆっくりくつろぐのも良いですし、森で本を読むのも良し。
それぞれの過ごし方を楽しんで下さいね。
只々広い庭があるだけの tentenhouse です。

小さな畑

食べられるだけの畑。
管理できるだけの畑。
毎年一回だけしか経験できないのだか、その方法は毎年違う。
どれが良くて、どれが駄目と言うのでもない。
畑をやると豊かな気分になれる事だけは確か。
上手く出来た時には美味しく食べれる。

森の中のお茶会

6/12(日)手織り布・tentenhouseさんにてお茶会をします。

image

温泉茶は茶室や店を持たず、いろんな場所で流しでお茶を淹れています。

その「場所」の持つ力というか、影響は大きいなと毎度感じていて
そこでしかできないお茶というのがあるような気がしています。

6月、tentenhouseさんでお茶会をさせていただくことになりました。

広島市内から車で1時間ほど、自然豊かな場所にある小さなおうち。
そこでは野依さんと唐悠さん、素敵なお二人が
自分たちの食べる野菜やハーブを作り、
ゆっくりとうつろう自然の中で
手を動かし、
「ワークウエアーとしての丈夫な手織り布」を織って
豊かに暮らしておられます。

ああ、こんな場所でお茶ができたらなぁ。
はじめて訪れた時にそう思ったことが実現します。

image

お茶と人が出会った遠い昔
お茶は人をなんだか元気にする、
たしかな体感をともなう薬として用いられてきました。

お茶の木から葉を摘み、干したり、炒ったり、蒸したり、
長い年月をかけていろんな製法がうまれ
緑茶、紅茶、烏龍茶、様々な味と香りのお茶が愛されるようになった。

tentenhouseの庭にも、ちいさい茶の木があるそうです。
あらためてすごいそんなお茶の木を、ちょっと見に行ってみましょう。
お茶の木の力、それを上手に利用した人の知恵
そういうものに思いを馳せながら、
中国・雲南省の山奥の古い樹のお茶や、
いろんなお茶を淹れたいと思っています。

image

そして

究極の盆栽のような、
美しい日本の煎茶の楽しみ方もお伝えしたいと思っています。

5月に作られた新茶がちょっと落ち着いて、とっても美味しい頃です。
温度を変えることで、まるっきりちがう味に入れることができる
「うつろう茶」
ご自分の手で、実際に淹れながら感じていただこうと思います。

温泉茶オリジナル煎茶や、お茶道具もすこし持っていって販売します。

レイニーシーズン。
森や庭の植物たちは、雨が大好きです。
生き生きと輝いて美しく、夏の香りがすると思います。

お茶会はご予約が必要ですが、オープンディですので
tentenhouseさんのお庭に自由に遊びにいらしてください。
お待ちしております。

image

《 tentenhouse open day 》
温泉茶ワークショップ「森の中のお茶会」

◎時間 / ①10:00〜12:00  ②14:00〜16:00
各回6名様までご予約承ります
◎場所 / tentenhouse http://tentenhouse.com
◎参加費 / 3500円  (いろんなお茶数種類・季節のお菓子つき)

⭐️ご予約は温泉茶まで ☞ mail:hanamihanasaku@nifty.com
お名前、ご連絡先、ご希望の時間帯、参加希望人数 をお知らせください

《同時開催!》

ANITYA(アニティア)さんのティーショップ 11:00〜16:00

美しさとおいしさにうっとりしちゃう、
ANITYAさんのハーブティーのミニショップがオープンします。
こちらはご予約不要。
初夏のからだが喜ぶような
ハーブコーディアルの美味しい飲み物をご用意して
皆様をおまちしています。

◎tentenhouse の織布オーダー会 11:00〜16:00

世界にひとつだけ、ご自分のための織布の注文はいかがですか。
糸の色や織り模様を選んで、オリジナルの織り布がオーダーできます。
わたしも以前オーダーをお願いしました。
初夏にお願いして、寒くなる前に届いたストールは
毎冬暖かく包んでくれています。
もう、手放せない。たぶんおばあさんになっても巻いてると思う。

image
image

2016年6月以降のオープンデーのスケジュール

2016年 6月以降のオープンデーのスケジュール。

6月
10日(金)11:00〜16:00 tentenhouse のオーダー会
12日(日)10:00〜12:00 14:00〜16:00 温泉茶(寺本紫織さん)のワークショップ
+ ANITYAさんのティーショップ + tentenhouse のオーダー会

7月
10日(日)11:00〜16:00 niwa*niwa* cafe + tentenhouse のオーダー会

8月
10日(水)11:00〜16:00 tentenhouse のオーダー会
14日(日)11:00〜16:00 tentenhouse のオーダー会

9月
10日(土)11:00〜16:00 tentenhouse のオーダー会
11日(日)11:00〜16:00 MOUNT COFFEE + tentenhouse のオーダー会

10月
9日(日)11:00〜16:00 tentenhouse のオーダー会
10日(月)11:00〜16:00 tentenhouse のオーダー会

11月
10日(木)11:00〜16:00 わだち草 + tentenhouse のオーダー会
13日(日)11:00〜16:00 tentenhouse のオーダー会

12月
10日(土)11:00〜16:00 tentenhouse のオーダー会
11日(日)11:00〜16:00 tentenhouse のオーダー会

ANITYAさんのワーク・ショップありがとうございました。

皆さんのお陰で無事終了いたしました。

ANITYAさんの紅茶もハーブティーもとても美味しいです。

紅茶もハーブティーも苦手な方にも大丈夫。

身体の事、好みの事などお話しながら貴方に合ったとびっきりのお茶をブレンドしてくれます。

是非、次回もお待ちいたしております。

_00A7247

5月8日(日)のオープンデー

5月8日(日)のオープンデー

 

○ work shop ANITYA(アニティア)さん
時間 /①10:00〜11:30 ②14:00〜15:30

○ ハーブティーとコーヒーの販売(Bono Bagel)
外でくつろぎながらお飲みいただけます。

○ tentenhouse の織布のオーダー会
庭の空気の良い暖かい所で、貴方だけの一点ものの織布の注文はいかがですか。

お席埋まってきてますよ〜

tumblr_o4ankxzSaf1rd41plo1_1280

5月8日(日)
ANITYAさんのワークショップ
お席埋まってきてますよ〜

機織り機の側の丸いテーブルを囲んで_
「初夏のハーブコーディアルづくり」
小さな森で自由に過ごす時間もよいけれど、とっておきの場所で作る自家製ハーブシロップを。美味しい空気も、美しい景色も、時間の流れもぜんぶ瓶に詰め込んで。
ワークショップご参加の方はご予約が必要ですが、ご参加でない方もゆったり遊びにおいでくださいね。
ハーブコーディアルで作るドリンクをご注文いただけます。
work shop
○時間 /①10:00〜11:30 ②14:00〜15:30
○場所 /tentenhouse
tentenhouse.com○参加費 /3700円(280㏄のコーディアル瓶をご用意しています。)

各回6名様のお席をご用意して、
ご予約お待ちしております。
○ご予約 /ANITYA(アニティア)
mail:anitya2015@gmail.com
お名前、ご連絡先、ご希望の時間帯、参加希望人数 をお知らせください。

どうぞよろしくお願いいたします。

(以上はANITYAさんのブログから掲載しました)

5月8日のオープンデー

5/8 sun
tentenhouse
オープンデー

小さなワークショップを開催いたします。

機織り機の側の丸いテーブルを囲んで_
「初夏のハーブコーディアルづくり」

小さな森で自由に過ごす時間もよいけれど、とっておきの場所で作る自家製ハーブシロップを。美味しい空気も、美しい景色も、時間の流れもぜんぶ瓶に詰め込んで。

ワークショップご参加の方はご予約が必要ですが、ご参加でない方もゆったり遊びにおいでくださいね。
ハーブコーディアルで作るドリンクをご注文いただけます。

work shop
○時間 /①10:00〜11:30 ②14:00〜15:30
○場所 /tentenhouse
tentenhouse.com
○参加費 /3700円(280㏄のコーディアル瓶をご用意しています。)

各回6名様のお席をご用意して、
ご予約お待ちしております。

○ご予約 /ANITYA(アニティア)
mail:anitya2015@gmail.com
お名前、ご連絡先、ご希望の時間帯、参加希望人数 をお知らせください。

どうぞよろしくお願いいたします。
5/8 sun
tentenhouse
オープンデー
小さなワークショップを開催いたします。
機織り機の側の丸いテーブルを囲んで_
「初夏のハーブコーディアルづくり」
小さな森で自由に過ごす時間もよいけれど、とっておきの場所で作る自家製ハーブシロップを。美味しい空気も、美しい景色も、時間の流れもぜんぶ瓶に詰め込んで。
ワークショップご参加の方はご予約が必要ですが、ご参加でない方もゆったり遊びにおいでくださいね。
ハーブコーディアルで作るドリンクをご注文いただけます。
work shop
○時間 /①10:00〜11:30 ②14:00〜15:30
○場所 /tentenhouse
tentenhouse.com
○参加費 /3700円(280㏄のコーディアル瓶をご用意しています。)
各回6名様のお席をご用意して、
ご予約お待ちしております。
○ご予約 /ANITYA(アニティア)
mail:anitya2015@gmail.com
お名前、ご連絡先、ご希望の時間帯、参加希望人数 をお知らせください。
どうぞよろしくお願いいたします。
(以上はANITYAさんのブログから掲載しました)

4月10日(日)のオープンハウスはBonoBagelさんです。

4月10日(日)のオープンハウスはBonoBagelさんです。
モントリオールスタイルのベーグルです。
勿論広島ではモントリオールスタイルのベーグルはBonoBagrlさんだけ。
ずっしりとしたベーグル。

ところ:tentenhouse
じかん:11:00〜1600

_P2A1518

 

4月はボノベーグルさんです。

4月はボノベーグルさんです。

4月
10日(日)11:00〜16:00 Bono Bagel tenten店

以下は前回のベーグル。今回はどんなものになるのでしょうか?

楽しみです。

—————————————————————————————–

ベーグルを輪切りに半分にした所へ、バタークリームとブルーベリーのジャムを塗って。

もう一方へは、ベーグルの上にイチジクを贅沢に並べたもの。

Bono Bagel さんのベーグルは膨らむ事を極力抑えた重たくどっしりとしたもの。

もう、これだけでお腹は一杯になる。

 

_P1B6888 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月

8日(日)10:00〜16:00 ANITYA (中尾あやさん)ワークショップ
10日(火)11:00〜16:00

6月
10日(金)11:00〜16:00
12日(日)11:00〜16:00 温泉茶(寺本紫織さん)

7月
10日(日)11:00〜16:00 niwa*niwa* cafe

8月
10日(水)11:00〜16:00
14日(日)11:00〜16:00

9月
10日(土)11:00〜16:00
11日(日)11:00〜16:00

10月
9日(日)11:00〜16:00
10日(月)11:00〜16:00

11月
10日(木)11:00〜16:00
13日(日)11:00〜16:00

12月
10日(土)11:00〜16:00
11日(日)11:00〜16:00

3月10日(木)のリトルワンズさん出店のご報告。

3月10日(木)のリトルワンズさん出店のご報告。

素敵なお店を作って頂きました。
ケーキや焼き菓子は素晴らしく美味しいのは勿論の事、
薪ストーブの炎にあたりながら、ゆっくりとした時間を皆様とご一緒できた事が嬉しかったです。
高速バスとタクシーを乗り継いでお越し頂いたお客様、ありがとうございます。
広島市内からお越しのお客様、ありがとうございます。
世羅町からお越しのお客様、ありがとうございます。
安芸高田からお越しのお客様、ありがとうございます。
そして沢山のお客様ありがとうございました。

3月10日(木)はリトルワンズさんです。

3月10日(木)のtenten店はリトルワンズさんです。

写真はイメージです。

以下の文章は、リトルワンズさんのインスタから転載しました。
——————————————————————-
3月10日(木)は「tentenhouse」さんで出張cafeです。

広島から車で約1時間ほど 安芸高田市の高宮にある心癒される素敵な空間で
この度 出張カフェを開催することになりました^^ 当日は、季節のタルトと 焼き菓子等をのせた
この日だけの 特別な「デザートプレート」をご用意いたします。

あとは、焼き菓子や スコーン等もお持ちする予定です。

大好きな 野依さんと唐悠さんのつくられる
「tenten house」という特別な場所。

当日は、丁寧な織り布を実際に見て作り手と相談しながらオーダーすることも可能だそうですよ。

安芸高田の心地の良い空間でお茶しながら自分だけのストールや布小物など手織りの作品をオーダーしてはいかがでしょうか。

——————————————————————-

予約も受け付けております。
お電話は、16:00〜20:00の間に、リトルワンズの下川さんまで。
電話番号:050−1294−6483

3月10日(木)はリトルワンズさんです。

3月10日(木)のtenten店はリトルワンズさんです。

リトルワンズさんのファンは広島には沢山おられますね。
あのリトルワンズさんが tentenhouse にやって来ます。
当日はどんな美味しい物が並ぶのでしょう。
今からとても楽しみです。
ケーキセットもご用意されるようですよ。
勿論テイクアウトもどうぞ。

予約も受け付けております。
お電話は、16:00〜20:00の間に、リトルワンズの下川さんまで。
電話番号:050−1294−6483

写真はイメージです。

2016年オープンデースケジュール

2016年のオープンデーのスケジュール。

2016年1月
10日(日)お休み

2月
10日(水)11:00〜16:00
14日(日)11:00〜16:00

3月
10日(木)11:00〜16:00 リトルワンズ tenten店
13日(日)11:00〜16:00

4月
10日(日)11:00〜16:00 Bono Bagel tenten店

5月
8日(日)10:00〜16:00 ANITYA (中尾あやさん)ワークショップ
10日(火)11:00〜16:00

6月
10日(金)11:00〜16:00
12日(日)11:00〜16:00 温泉茶(寺本紫織さん)

7月
10日(日)11:00〜16:00 niwa*niwa* cafe

8月
10日(水)11:00〜16:00
14日(日)11:00〜16:00

9月
10日(土)11:00〜16:00
11日(日)11:00〜16:00

10月
9日(日)11:00〜16:00
10日(月)11:00〜16:00

11月
10日(木)11:00〜16:00
13日(日)11:00〜16:00

12月
10日(土)11:00〜16:00
11日(日)11:00〜16:00

お客様からのメール

先日お客様へお送りした注文のマフラー。
お客様から一言添えて写真が送られてきました。
お客様の了解を得てここに掲載させて頂きました。

tentenhouse
唐悠さん、野依さん
こんにちは。
早速マフラー巻いて機嫌良く出かけました。
ありがとうございました。

image1

お客様の注文で織らせて頂きました。

2016/01/17

お客様の注文で織らせて頂きました。
とても気に入って頂いたようです。
身につけた写真を送って頂きました。
白い洋服をお召しになる事が多いお客様です。
計算通りの色と柄そして寸法になっていて私達も安心です。

こんな所でも見かけました

こんな所でも見かけました。
山根木材さんのホームページでtentenhouseの織布を見つけました。
モデルさんの身につけている茶色のマフラーがそうです。

山根木材さんと言えば広島を代表するハウスメーカーさん。
そこで使われているなんて光栄です。

この写真のページ
http://y-chiisanaie.co.jp/#Value/slide2

「山根木材さん」のホームページ
http://www.yamane-m.co.jp/hiroshima/

「山根木材のちいさな家」のムービー
https://www.youtube.com/watch?v=FzdbhxJjDIk

ポカポカ陽気

今月のオープンデーはお休みさせて頂いた。
こんなポカポカ陽気ならオープンデーにしても良かったのかな〜、
とも思ったりしますね。
こんなに暖かくては1月とは思えませんね。

2月のオープンデーは、
10日(水)、14日(日)です。

お客様からの感想メール(2016年1月5日)

お客様の了承を得て掲載させていただきました。

県名とお名前は控えさせて頂きました。

 

マフラー無事に届いています。ご連絡が大変遅くなりすみません。

マフラーは想像以上に何とも言えない素敵な色と風合いで、袋から取り出した時は思わず「わー!」と声を上げてしまいました。
手に取る度に織りの美しさをうっとり眺めてしまいます。

自分用にお願いしたのですが、その色合いを主人が気に入り、今朝も首に巻いて出掛けて行きました。

素敵なデザインの袋やtentenhouseさんの風景のスケッチもありがとうございました。大切に丁寧に織られたマフラーである事が伝わってきて、より一層大切に長く使いたいと思いました。

いつの日かtentenhouseさんに伺う機会があれば…と思っています。

素敵なマフラーを本当にありがとうございました。
寒さもまだまだ続きます、お二方くれぐれもご自愛くださいませ。

12月13日(日)は、ありがとうございました。

12月13日(日)はniwa*niwa* cafe 、沢山のお客さまでした。
ありがとうございました。
いつもお越しのお客様、ありがとうございました。
大阪からお越しのご夫妻さま、ありがとうございました。
津和野からお越しのご夫妻さま、ありがとうございました。
初めてお越しのお客様、ありがとうございました。
今回もまた感じた事ですが、遠くからお越し頂けるお客様が少しづつ増えているのかなーと思います。
只々ちょっぴり広い庭があるだけの所ですが、ゆっくりお過ごし頂きたいと考えています。

_P1B7566

12月13日(日)は niwa*niwa* cafe

12月13日(日)はniwa*niwa* cafe です。
「ブランチメニューは、野菜たっぷりのポトフとカンパーニュをご用意してお待ちしてます。」

「ラム酒にしっーかり漬け込んだドライフルーツが。
たっぷり入ったシュトーレン。

薄くスライスしてお召し上がり下さい。」

  

明日(12月10日)はオープン日です。

明日、12月10日(木)はオープン日です。
只々少し広めの庭があるだけ、そして僕達の暮らしを見て頂く日です。
特別な事はなにもありません。
庭でゆっくりとくつろいで下さい。
時折工房の中へもお入り下さい。
ANCHORET さんからのフランスの籠などの雑貨も見て下さいね。
そして tentenhouse の織ったマフラーなども見て下さい。

_P1B7467

「MOUNTCOFFEE tenten 店」ありがとうございました。

沢山のお客様でした。

本当にありがとうございます。

只々庭があるだけのtentenhouseですが、沢山のお客様がレジャーシート持参でお弁当を広げる様子を嬉しく見ていました。

こんなオープンデーにしたいと何時も思っていました。

お作りしたブレンドカードは、MOUNT COFFEE さんへお持ち頂くといつでもご自分専用ブレンドをお作りして頂ける事になっております。

どうぞ、気楽にMOUNT COFFEE さんへ足をお運び下さいね。

 

_00A4503

MOUNT COFFEE tenten 店

MOUNT COFFEE さんが一日だけ tentenhouse にやって来ます。その名も、「MOUNT COFFEE tenten 店」。

南フランスの片田舎のような
ここちよい原っぱで、
読書をするもよし、ピクニックをするもよし、
あなたの好きな時間をお過ごし下さい。
今日の、あなたのものがたりに合ったブレンドをお作りします。

ここちよい場所で、
この日の、あなただけのブレンドをお楽しみ下さい。

ブレンドのなまえは、
ぜひ、あなたがつけてくださいね。お待ちしております。

MOUNT COFFEE tenten店
店主 山本昇平

November 29 sun / OPEN 9:00-16:00

11月8日は niwa*niwa* cafe です。

11月8日の niwa*niwa* cafe のランチは、
いつものパンと少し違うんだそうです。
その名をリュスティックと言うパンでキチンと成型しないで焼くパン。
形が不揃いなんだそうです。
お好きなモノをサンドしてお召し上がり下さい。

11月
8日(日)11:00〜16:00 niwa*niwa cafe
10日(火)11:00〜16:00

12月
10日(木)11:00〜16:00
13日(日)11:00〜16:00 niwa*niwa* cafe シュトレンがあります。

今日の景色

今朝は曇り。

朝晩めっぽう寒くなってきました。

少しづつ秋の気配を感じますね。

薪ストーブに火を入れるのももうすぐ。

この頃になると、11月の中頃に薪ストーブが設置されるのを寒さをこらえて待っていた事を思い出します。

_00A3854

Bono Bagel さんとの打ち合わせ

10月11日(日)のオープン日に Bono Bagel さんが初めて tentenhouse へ来てくれる。

昨日その為の打ち合わせをした。

ベーグルを輪切りに半分にした所へ、バタークリームとブルーベリーのジャムを塗って。

もう一方へは、ベーグルの上にイチジクを贅沢に並べたもの。

Bono Bagel さんのベーグルは膨らむ事を極力抑えた重たくどっしりとしたもの。

もう、これだけでお腹は一杯になる。

 

_P1B6888 (1)

整経が終わった。

整経を終わると、整経台から外す前にしなくてはいけない事がある。

ハサミを入れる前後をしっかりと糸がズレないように結ぶ。

綾をとった所へ綾がずれないようにビニール紐で綾をとる。

縦糸の数カ所をビニール紐で糸がずれないようにしっかりと結ぶ。

整経の終わり(始め)の所にハサミを入れる。

_P1B6677

綜絖通しと本筬通し。

仮筬が済んで千巻に巻き取ったら、今度は綜絖通しと本筬通し。

綜絖は針金の穴に順番を間違わないように一本づつ糸を通す。

本筬通しは、筬の隙間に一本づつの糸(丸の場合は2本づつ)を通す。

綜絖通しも、筬通しも間違うと布にはならない。

_P1B6611

お知らせです。

暑い夏が 終わり  朝夕が涼しく 心地良い日々ですね。
tentenhouseの手織りショールを
出雲の 可愛い オリジナルを創られる洋服屋さん
newline さんの秋冬物コレクションに 添えて 頂きます。
この秋冬に 活躍してくれそうな newlineさんの ボレロに
寄り添って 数点のショールをご覧いただけます。
お近くにお越しの方 よろしくお願いします。
イズモオプティークさんの お隣りです。
newline
出雲市塩治神前  6-1-10

 

 

ランチョンマット

この写真は、昨日のopen day にお越しいただいた「さしもの かぐたかはし」さんの工房写真です。
お買い求め頂いた 手織り布のマットを 早速 お使い下さってます。

清々しく、確かな 「さしものかぐたかはし」さんの仕事と、同席させていただき 嬉しいかぎりです。
ありがとうございます。励みになります。

11847326_955898077802972_1974952337_o

 

ANITYA(なかおあや)さんの淹れるお茶をご用意してお待ちしております。

tentenhouse にもやって来ます。

_00A3317
2015年 8月9日(日)・10日(月)11:00〜16:00
両日、ANITYA(なかおあや)さんの淹れるお茶とクッキーをご用意してお待ちしております。

_00A3268
tentenhouseのハーブも使う予定です。

 

○スパイスとハチミツのフラップジャック

11791870_484533181728753_2045705673_n-2

○柑橘とスパイス、菩提樹のコンフィチュール
11749776_484533261728745_1592195473_n

筬通し

筬(おさ)通し。

普通は筬の間に2本の縦糸を通します。

完成するには、縮絨や乾燥、アイロンがけなどをしますので、収縮率を計算して機に掛けます。

巾:60センチ

縦糸:600本

羽数:50羽。細いウールですが、柔らかく仕上げる為に、羽数は大きめ。

_P1B6462

 

 

“BESPOKE STOLE” ふゆのわたしへ。

“BESPOKE STOLE” ふゆのわたしへ。

tentenhouse ☓ 84

2015.06.27(sat)ー28(sun)

11:00〜19:04

4年振りに84さんで”BESPOKE STOLE”(おあつらえストール)をさせて頂く事になりました。

貴方の暮らしや生き方にピッタリのストールをご提案させて頂きます。

お話をお聞きしながら、空気を含んだ糸の組み合わせを考え、

その人に合ったストールに仕上げる事はtentenhouseの得意とする所です。

_P1B6402 

“BESPOKE STOLE” ふゆのわたしへ。

“BESPOKE STOLE” ふゆのわたしへ。

tentenhouse ☓ 84

2015.06.27(sat)ー28(sun)

11:00〜19:04

4年振りに84さんで”BESPOKE STOLE”(おあつらえストール)をさせて頂く事になりました。

貴方の暮らしや生き方にピッタリのストールをご提案させて頂きます。

お話をお聞きしながら、空気を含んだ糸の組み合わせを考え、

その人に合ったストールに仕上げる事はtentenhouseの得意とする所です。

_P1B6302

“BESPOKE STOLE”

“BESPOKE STOLE“_P1B6214ふゆのわたしへ。

tentenhouse ☓ 84

2015.06.27(sat)ー28(sun)

11:00〜19:04

4年振りに84さんで”BESPOKE STOLE”(おあつらえストール)をさせて頂く事になりました。

貴方の暮らしや生き方にピッタリのストールをご提案させて頂きます。

お話をお聞きしながら、空気を含んだ糸の組み合わせを考え、

その人に合ったストールに仕上げる事はtentenhouseの得意とする所です。

“BESPOKE STOLE” ふゆのわたしへ。

“BESPOKE STOLE” ふゆのわたしへ。

tentenhouse ☓ 84

2015.06.27(sat)ー28(sun)

11:00〜19:04

 

4年振りに84さんで”BESPOKE STOLE”(おあつらえストール)をさせて頂く事になりました。

貴方の暮らしや生き方にピッタリのストールをご提案させて頂きます。

お話をお聞きしながら、空気を含んだ糸の組み合わせを考え、

その人に合ったストールに仕上げる事はtentenhouseの得意とする所です。

 

バージョン 2バージョン 2

 

 

今月のオープンデー

今月のオープンデーは4月10日(金)と12日(日)の2日です。

tentenhouse には沢山の花が咲いています。

梅、桜、桃、プラム、ムスカリ、水仙、日本スミレ、ハナニラ、カキドウシ、ホトケノザ、トサミズキ、イチリンソウ、コンロンソウ、などなど。

どうぞ気楽にお越し下さい。

お弁当持参も大歓迎です。

_P1B5628

大管に巻いた縦糸

大管に巻いた縦糸。

これから大管立てにたてて、整経して行く。

今回は短く、一周が4メートルの整経を大管8本で38回。

縦糸304本。

機織りも例に漏れず算数が必須。

これに収縮率、伸び率他が加わる。

人によってもこの算数は違ってくる。

 

_P1B5047

niwa*niwa cafe

次のオープン日は、

2015年 3月8日(日)niwa*niwa cafe 11:00〜16:00

久しぶりに niwa*niwa cafe さんが来てくれます。

mafin

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マフィンとスープ。

数に限りがあります。どうぞお早めにお越し下さい。

 

remon

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レモンケーキ。

数に限りがあります。どうぞお早めにお越し下さい。

______________________________________________

3月10日(火)はいつものオープンデーです。 11:00〜16:00

少しづつ縮絨作業

少しづつ縮絨作業をする。
ウールは縮絨でその織布が大きく化ける。
材料がどんなに良くても、、、。
縮絨のやり方が悪く台無しにした事も昔は随分とやって来た。
これは体で覚えるしか方法はない。
そしてこれが僕達のやり方。

XP1B4556

本日12月14日(日)はオープンです。

毎月第二日曜日もオープンする事にしました。
「なかなか日曜日がオープンハウスと重ならずに行けない」と言うお話を聞きます。
そこで毎月10日と、第二日曜日がオープンです。
10日が第二日曜日になった時には、オープンハウスは月1回だけになります。

度々変更してすいません。宜しくお願い致します。

雑誌Bises(ビズ)に掲載されました。

ガーデニングの雑誌Bises(ビズ)93号、冬号(11月15日発売)。

176ページに僕たちが掲載されています。

郡言堂の「Gungendo Laboratory」の洋服を着ています。

撮影場所はtentenhouse。

嬉しいような、恥ずかしいような複雑な気分です。

皆んなに見て欲しいような、見て欲しくないような。。。。。

 

 

 

山の便り(6通目)

昨日は山の便りに参加させて頂きました。

山の便りも回を重ねて6回目になります。

天気も良く、ポカポカで暑いくらいの中のイベントでした。

僕たちは、針山とブローチをメインに持っていきました。

ブローチが完売となってしまって。

僕たちには「完売」と言う言葉は無いと思っていましたので嬉しかったです。

100A2338 100A2343

 

100A2361 100A2344

 

今日(11月10日)はオープンハウスです。



2014.11.10

今日はオープンハウスです。
農道の入り口の目印をやり変えました。
いつものような赤い自転車はありません。 白い四角な看板だけが目印です。
少しいつもより高いところに設置しました。
これで通り過ぎてしまう事も少なくなるでしょうね。
今日は朝方霧が出ていましたから良い天気になりますよ。

https://tentenhouse.stores.jp

 

「Gungendo laboratory」のニュースから

「Gungendo Laboratory」のニュースに掲載して頂きました。

———————————————————————————

2014年10月22日

暮らしの道具としてのストール


まだ暑さの残る頃、
草花に囲まれた一軒家で、
美味しいコーヒーと焼きたてのピザをいただきました。訪れたのは島根県からもほど近い広島県安芸高田市にあるtentenhouse(テンテンハウス)さん。_62A5576

暮らしのすみずみまで、お2人の目の行き届いたご自宅では、
冬に向けて、Gungendo Laboratoryのウールの手織りのストールを織って下さっていました。

_62A5565

とっても不思議な印象を受けるストールです。
なにか特定の流行とかスタイルとは無縁で、
作家の個性の主張も感じられません。

それでも存在感はしっかりとしている。

_62A7967-2

頭に浮かんだのは、
随分昔の地元の大工さんがつくった
アンティークの椅子に似ている存在感。

流通させようと意図されつくられた訳ではなくて、
作家としての個性の演出とも無縁のただの道具の美しさ。
新しくつくられたばかりなのに、こんなものがあるのかと驚く、
そんなストールでした 。

おいしいコーヒーとピザをいただきながらの会話の中で、
「私たちの作るものは民藝だから、暮らしの道具だから」
とおっしゃっていた言葉に、そういうモノづくりのもとがあるのかもしれません。

そもそも「民藝」という言葉は、「民衆的工芸」の略語で、柳と美の認識を同じくする陶芸家の浜田庄司、河井寛次郎らによってつくられた言葉である。 つま り、民藝品とは「一般の民衆が日々の生活に必要とする品」という意味で、いいかえれば「民衆の、民衆による、民衆のための工芸」とでもいえよう。

日本民藝協会 「民藝とはなにか」より抜粋
http://www.nihon-mingeikyoukai.jp/society/what_2.html

 

お二人が考え、生み出す、美しい暮らしを分けていただいたような、
幸せな時間はあっというまに過ぎていきました。

_62A8455

とっても静かにそのものの良さを語っているかの様な
tentenhouseさんのストールを、ぜひ手に取って見て下さい。

Gungendo Laboratory オンラインストア
暮らしの道具としてのストール

tentenhouseさんwebサイト

———————————————-

以上「Gungendo Laboratory」のニュースから。

無理のない畑

 

野依の作っている畑です。

人が「無理のない畑だね」っていいました。

自分たちの食べる分だけを作る畑です。

本業は機織り。

だからあんまり頑張って畑をやらないのです。

でもこれで計画だけはきちんとノートに記録はしているようですよ。

バケツが転がっているのは、ご愛嬌と言う事で。。。。

後片付けはたいてい僕がするんですから。

 

只今 お店 営業中です。

_E1A7320

今日の風景(2014.09.06)

ワレモコウやオミナエシも見かけるようになりましたね。

tentenhouse の庭にも萩の花が可愛く咲いています。

毎年短く切っていますが、この時期になると元気に花を咲かせます。

今年の冬には半分ほど株分けして違う所へも移植する予定です。

季節の花を楽しむのは幸せな事です。

_P1B3029

 

 

 

今日の風景(2014.09.02)

またまたアサガオです。

なぜか気になるアサガオです。

毎朝咲き具合が違うし向きも隣のアサガオとの距離も違う。

それがタイミング良く均衡が保たれていたら、写真を撮る気にもなってくる。

あくまでこちらの都合でアサガオには全く関係なく申し訳無い事です。

_P1B2978

またまたアサガオ

どうも気になるアサガオ。

朝起きたらすぐに窓を開けてアサガオの咲き具合を見る。

奇麗に咲いていたら、カメラを持ってすぐに参上。

毎朝僕達を楽しませてくれるとはいえ奇麗に咲いている時間が短いからだ。

太陽が照る前の光が回っている時が良い。

_P1B2936

 

ミツバ

ミツバがtentenhouseの畑で採取できるのは有り難い。

森の木陰の畑に沢山生えた。

一ヶ月程前に草刈り機で雑草混じりのその畑を一掃したのが良かったのだろう。

奇麗な青々としたミツバが以前よりも沢山に広がって生えた。

_P1B2893

 

沢山のアサガオ

朝起きたら沢山のアサガオが咲いていた。

嬉しくなって一番良いカメラで写した。

清々しい花の後には沢山の種が出来る。

それを来年も蒔く。

もう花の色ごとに分ける事はしない。

種はごちゃまぜに保存して、蒔く時もごちゃまぜに蒔く。

これを数年繰り返すと多分花の色は同じになるのだろうな。

_P1B2765

 

立秋が過ぎて萩の花が気になるようになってきました。

毎年増え過ぎた萩の株分けをしたいと思いつつ。

今年の冬にはしたいな。

とても元気の良い花なので短めに剪定してあっても1シーズンで1m50cm位にはなる。

狭い所に植えると繁茂して窮屈になる。

だから今年は広い所へ半分株分け。

_P1B2751

 

機織り中

新しい機で織っています。

まだ慣れていないのでスピードは控えめ。

慣らし運転と言った所でしょうか。

もっとも、ウールなので緯糸を叩かず同じ間隔になるように、どちらかと言うとスカスカ。

ウールは縮絨が命。

新しい機で、テンション具合と、緯糸の間隔を1本1本確かめながら織るので、その背中に緊張の具合が出ていますね。

_00A2095

 

今日の風景(2014.08.03)

雨の日曜日。

八重のムクゲと西洋ニンジンボク。

草刈りの予定だったけど、ゆったりするのも良いものだ。

日曜日はゆったりする日と決めてはいるけど田舎暮らしはやる事が多い。

雨でも降って、今日は外の仕事はしない、と決定しないと意志の弱い僕にはなかなか出来ない。

だから今日は良い雨。

_P1B2714

 

群言堂様との打ち合わせ

143
石見銀山、大森町から車で約90分。
大森町と変わらないくらいのどかな安芸高田という場所で、
とても素敵な暮らしを営んでいるお二人がいます。
野依さんと唐悠さん。二人は8年ほど前にこの場所で暮らし始めました。決して広くはないけれど、とても居心地が良いこの家は新築で建てたもの。
もともとは放牧地だったこの場所は、最初は身長以上に草が伸びていて、
週末になると前の家から通って、草刈りに来て、
夜はテントを張って寝ていたのだそうです。

「あの時は若かった、今じゃできないよ。」

と笑いながら話してくれました。
どうしてこの場所にしたのかと尋ねると
「ここから見える森と、川のせせらぎがどうしても気に入って!」
と、とても嬉しそうに話してくれました。

そんなお二人は、tentenhouseというブランドで、
手織りの織機を使い、ストールや布小物を作っています。
Gungendo Laboratoryのメンバーも二人のモノづくりが大好きで
ブランド立ち上がりの時から、
オリジナルのストールを制作していただいています。166

今回お伺いしたのは、秋冬物のウールのストールの打ち合わせ。
色々とサンプルを見ながら、どんなデザインにするかを決めてきました。
打ち合わせをしながら感じたことは、丁寧に手織りで作られたストールは、
やっぱり他にはないやさしさと味わいがあります。
皆さんにお届けするにはもう少しお待ちいただきますが、
出来上がった時にはまた改めてお知らせします。

ブランドMD マツバ

————————————————————————–

以上「Gugendo Laboratory」からの記事です。

ホームページのアドレスは、

http://www.gungendo-laboratory.jp/?p=1077

 

ムクゲ

tentenhouse にあるのは薄ピンクの八重のムクゲ。

白の一重のムクゲも今度園芸店で見かけたら欲しいと思っている。

毎日毎日沢山の花をつけて、一日でその花は落ちてしまう。

沢山の花を毎日見れる事は嬉しい事です。

_P1B2705

手織り布の鍋つかみ(No.1819)

大きさ:底辺11cm 高さ15cm(フック部分は含まず)
素材:綿100%
中にタオル地がサンドイッチされています。

手織りの布を使って作りました。
藍色は本藍染めの糸を使用。
藍色は濃いければ濃いいほど高価とされています。
1つとして同じものはなく全て一点物です。

私どもでは「手織り布の鍋つかみ」として人気の商品です。
勿論、鍋つかみ、オーナメント、オシャレな飾り、、、使い方は自由です。

 

https://tentenhouse.stores.jp/#!/items/53d305b0236a1e3b5400046d

 

_E1A6906

新しい機織り機

新しい機織り機の組み立てが完了した。

主に野依が使う事になりそうだが、時には僕も使う。

この機には背丈の違う二人が気持ち良く使う工夫がされている。

踏木の高さが変えられるのだ。

何れにしてもこの機にボチボチ慣れる事を楽しみたいと思う。

_E1A6872

メドセージ

良い香りのするメドセージが咲き始めました。

秋口まで長く咲き続けます。

背丈は1メートルを超えます。

ひょろっとした今にも倒れそうな花ですが意外と強いですよ。

強風にも倒れる事なく立っています。

_P1B2658

シャボンソウ

緑の葉とうすピンクの花。

どうしてこんな名前が付いたのだろう。

石けんがまだ無い頃、緑の葉を水に浸すと石けんのように泡立つのだそうです。

また、葉や根を煎じたものは良く泡立ち、石けんの代わりに使われた。

とあります。

実際にやってみましたよ。

_P1B2638

 

小径を通ってお越し下さい

小径を通ってお越しください。
駐車場に車を止めて20メートル位の小径をお進み下さい。
すると前方に小さな家が見えて来ます。
それが工房件住居のtentenhouseです。
小さすぎて驚かれるのだと思います。
時々、お客様に「こちらにお住まいですか?」。
と聞かれたりします。
そんな時には僕は得意になって「そうです。まだ小さな家が希望だったんです。」
と言う事にしている。

_00A2024

アスチルベ

アスチルベ
ジューンベリーの下に隠れるように咲いている。
それでも艶やかなピンク色のせいでその存在を隠す事はできない。
アスチルベの場合その存在を隠すと言うよりアピールしていると言った方がお似合いかも。


ハウス3点追加、鍋つかみ0点、マフラー他9点。
https://tentenhouse.stores.jp

_P1B2528

オカトラノオ

オカトラノオ
虎の尾に似ているらしいね。
写真はまだ花が全部咲いていない。
tentenhouse の庭で毎年増えている。
宿根草やら多年草やらで毎年増えるもので手をかけないものが好き。
出来るだけ自然のままの姿、なんて言うと格好良すぎるけど、つまりは放ったらかし。


ハウス3点追加予定、鍋つかみ0点、マフラー他9点。いや〜少ない少ない。。。
https://tentenhouse.stores.jp

_P1B2501

プリペットのアップ

プリペットのアップ写真です。
今満開。
花が終わったら少し剪定をしようと思っています。
風通しを良くしてやるつもり。
此処の垣根には奇麗な薔薇も一緒に咲いているのですが、その薔薇が隠れて見えなくたっています。
人間中心の考え方で申し訳ないけど、お互いに居心地良くしないとね。
剪定も庭いじりもプロではないので、これまた自分流。
いかが相成ります事やら。


ハウス0点、鍋つかみ0点、マフラー他9点。いや〜少ない少ない。。。
https://tentenhouse.stores.jp

_P1B2474

プリペットの垣根

プリペットの垣根
tentenhouse の駐車場の所の垣根。
プリペットが5本位植えてある。
今花が満開。
白い小さな花を沢山付ける。
ベラウエアーの葡萄の実の変わりに花が付いている感じかな〜。

挿し木もいけますよ。
剪定には事欠かない程枝がでますので、それを直に植えたい所へおかまい無しに挿していきます。
10本挿したら1本位の割合で成功します。
沢山剪定した枝がでるのでこれでいいのだ。


人気のハウス0点、鍋つかみ0点、マフラー他9点。の合計9点。昨日ハウス3点、鍋摑み3点が旅立っていきました。ありがとうございます。
https://tentenhouse.stores.jp

_P1B2415

今日はオープンハウスです。

今日はオープンハウスです。
どうぞお待ちいたしております。

先月までは月3回のオープンでしたが、今月から月1回に変更になりました。
毎月10日の1日のみのオープンハウスです。

ますます怠け者になっています。
そして「自分中心の暮らしが自分流」という自己中心型に変化して行く事を正当化しています。
どこかの雑誌で見たような「そのままの美しいくらし」と言うサブタイトルまでつけて。。。
(写真はシャクヤクと赤い実はジューンベリー)


人気のハウス3点、鍋つかみ3点、マフラー他9点。の合計15点。まだまだ少ないね。。。。
https://tentenhouse.stores.jp

_P1B2288

センダンの花

センダンの花
この木も成長がとても早い。
しかもとても大きくなる。
植える所を充分計画しないといけない。
tentenhouse でも今一番大きな木に成長している。
これからまだまだ成長を続けるのだから「メインツリー」の名にふさわしい。
その花は、その木にふさわしいのだろうかと疑問に思える程小さい。
その木に咲く花は1センチ位の小さな花なのだから。
花だけ見ると決してその木の大きさは想像できないだろう。
tentenhouse には南側の正面にどっしりと大きく根付いている。


人気のハウス3点、鍋つかみ3点、マフラー他9点。の合計15点。まだまだ少ないね。。。。
昨日1点旅立った。
https://tentenhouse.stores.jp

_P1B2311

ジューンベリー

ジューンベリー
成長もとても早く、実も沢山つける。
鳥達も沢山やってきます。
熟すと中の種も柔らかくなってそのままでも平気です。
1つづつでは面倒なので7個位いっぺんに口の中へ投げ込みます。
今年は沢山実ったので鳥達と競争。


人気のハウス4点、鍋つかみ3点、マフラー他9点。の合計16点。まだまだ少ないね。。。。
https://tentenhouse.stores.jp

_P1B2290

ペンステモンスモーリー

ペンステモンスモーリー
背丈は50cm位の小さな花。
花びらの中から舌を出したような形で、これに似たような花は他にも見かける。
ペンステモンの種類は勿論だが他にもね。


ネットショップ、オープンしました。
人気のハウス4点、鍋つかみ3点、マフラー他9点。の合計16点。少ないね。。。。
https://tentenhouse.stores.jp

_P1B2245

チェビオットのウール

_P1B1851チェビオットのウール。
撚りがとても強い。
経糸に使いテンションをあまりかけないで織るととても風合いの良い布になる。
しかし非常に織りにくい。
テンションを強くすればする程、織りやすくはなるが風合いは普通の服地へと近づく。
僕達の織布は機械ではできない手織りの布。

 

「小さな展示会」始まりました。

_00A1765「小さな展示会」、始まりました。
明日の18日(日)まで。
今回是非ご覧頂きたいのは、チェビオットのウールで織ったショール各種。
野依が言うには「自分でも今までに一番良い織り」とぞっこん興奮ぎみ。
正直僕が見ても本当に素晴らしいです。
少々固めの撚りの強いウール。
本音はとても扱いにくい糸。
織り上げて縮絨をして乾燥すると、軽く柔らかい肌触りへと変貌。
強い撚りでその表情が素敵です。

 

パラソルを広げて

_00A1648昨日は雨。

今日は明るい薄曇り。

「小さな展示会」を今週の土日に控え、午前中から機織り仕事。

休んでばかりでは車でも錆ついてします。

たまにはエンジンをかけてやらなければ。。。。

 

新緑が奇麗

tentenhouse の北側に小さな雜木林がある。

その向こうに川が流れ、堰を落ちる水の音が聞こえて来る。

その事が此処を借りる決めてとなった。

その雜木林は今新緑が奇麗です。

_00A1414

カロライナジャスミン

_00A1216

カロライナジャスミン

駐車場の所のプリペットに寄り添うように咲いているカロライナジャスミン。

根付くまでは花の数もそう多くは無かったが今年は沢山の花を付けてくれた。

僕は黄色が好きなので嬉しい。

もうじき黄色のモッコウバラも咲きそうだ。

ウワミズザクラ

_00A1225

今日はオープン日です。

tentenhouse の庭にも沢山の花が咲き始めました。

今日の写真は「ウワミズザクラ」。

とても大きな木です。

こんな大きなウワミズザクラは珍しいと野依は言っています。

 

不具合について

4月26日からblog1(tentenhouse blog)の表示が出来なくなっています。
WordPressと言う私には少し難しい言語を背伸びをして使っていました。
復旧が出来ないくらいいじくりまわしてしまいました。
今後の解決策としてnewsのページへ掲載を続けると同時に
Wordpressへの再度の挑戦をしたいと思っています。

news の記事を充実します

只今このブログは休んでいます。

今後ブログの続きの記事は news のページへ掲載していきます。

http://www.tentenhouse.com/news/index.html

どうぞこれからも宜しくお願いいたします。

新しいブログはこちらで公開しています。

http://tentenhouse.com/blog/

どうぞご覧いただけると幸いです。

クリスマスローズ

クリスマスローズと言う名前の由来は少々ややこしい。

本当は「ヘレボルス・ニゲル」と言う種類だけを言うらしく、その英名が「クリスマスローズ」。つまりヘレボルス属のニゲル種だけを「クリスマスローズ」と言うらしいです。

日本のようにクリスマスローズをヘレボルス属全体の事を言う事はないらしいです。日本では主に「レンテン・ローズ」や「ヘレボルス・オリエンタル」などが有名。

と言う事で、我が家のも?????。

 

_P1B0700

 

ミツマタのつぼみ

春の訪れを待ち構えたように3月〜4月頃に黄色い花を沢山つける。

つぼみも花と間違える程奇麗だ。

高宮に移転する前に住んでいた向原ではミツマタの群生地とカタクリの群生地があってその頃にはとても賑やかだったのを思い出す。

赤い花のアカバナミツマタと言うのもあるようだが我が家のはキバナです。

_P1B0528

毎日気になるスノードロップ

今朝少しの雪が降った。

庭のスノーとロップはどうなったのか。

雪に埋もれて姿は見えずか。

とにかく庭へ急ぐ。

案の定姿見えず。

スージーの散歩からもどり、しばらく雪の解け具合を見る。

姿を見せて来たが、花は雪の重みで背を丸く頭を垂れている。

絵にならないなーと思いながらも写しておく事にする。

_P1B0415

啓翁桜(けいおうざくら)

啓翁桜。

昭和5年に久留米で誕生した、まだまだ日の浅い桜。

枝を切っても弱る事はなくすくすくと育つのだそうです。

縁起の良い桜として毎年正月に頂き、花の無い時期を楽しませてもらっています。

挿し木で増えるそうなので今年は挿し木にして見ようと思います。

_P1B0252

ナンテンの実

この季節には赤いナンテンの実が良く似合う。

雪の降る真っ白な森に赤く小さな実を付けたナンテン。

なんとも愛らしい。

白く小さな花が咲いた頃を思い出せない。

でも確かに咲いた。

_P1B0157

ウールは魔法

ウールのショールを縮絨をして仕上げ。

そして納品。

織る時には、織り上がった縮絨後を思い描きながら織る。

思い通りに仕上がったのを見ながらの仕上げ作業はワクワク。

下の写真(12月18日)がこうなるのだからウールは魔法。

_PRX9958

今日の作業は仮筬

今日の織り仕事は仮筬。
「段取り8分」とは良く言われる事だが織りでも当てはまる。
段取りがすんでいよいよ織り始める所までくると、織りの仕事の8分は終わった事になる。
今日はその段取り仕事です。
織り始めると織った布を手前に巻いて行く事になるが、今日の作業は長い経糸を反対側に奇麗に巾を保ちながら巻いて行く為の段取り仕事の1つ。

好きな場所

tentenhouse に小さな雑木林がある。
そこの林をここから見た風景が好きです。
新緑も紅葉も雪景色も好き。
車で出かける時も通ります。
スージー(愛犬)の短い散歩の時には3回から4回は通ります。

ウールのショールを織り中です。

ウールのショールを織り中です。
ウールツイード100%の茶色無地。
幅58センチ。長さ170センチ。
仕上げの縮絨でどう変化するか楽しみ。
ウールは織り方も大切だが、仕上げの縮絨が一番重要。
後日、縮絨でどんなふうに柔らかく変化したかをお見せしますね。